自己破産や相談する人の年代は?

自己破産や相談する人の年代は?

自己破産や相談する人の年代は?

自己破産のことについては今までの内容を読んでいただければ分かりますように、お金に関することであることは間違いありません。なぜなら、お金に関して困っているから、自己破産やその他の債務整理、例えば任意整理や民事再生で行うことになるわけです。そして、その債務整理をする理由は、その人によって金額を含めて違いがあるのです。もちろん、自己破産や債務整理することになったのは、やむを得ない事情もありますし、本来であれば許されない場合もあるのです。いずれの場合にしましても、自己破産やそれに関連する債務整理というのは救済策になります。その救済をうまく利用して、今度こそは借金や債務を抱えないことがとても大切になるのです。では、今までのことを踏まえまして自己破産や相談する人の年代というのは、どのようになっているのでしょうか?
これはある調査の結果によりますと、やはりお金を使う年代になってから自己破産をするケースが必然的に多くなります。日本弁護士連合会と消費者問題対策委員会が取りまとめた、2011年破産事件及び個人再生事件記録調査によりますと、30代から50代の年代が自己破産するケースが多くなっています。このそれぞれの年代が約20%強となっています。そして、20代の自己破産をするケースも実際にあり、これが約6%になっています。60代以降も約22%近く占めています。やはり、働き盛りの世代が自己破産するケースが多くなっています。