住宅ローンの返済不可による自己破産や相談

住宅ローンの返済不可による自己破産や相談

住宅ローンの返済不可による自己破産や相談

自己破産する人、というのはその人がすべて悪いのでしょうか?これに関しては、そのようなことはありません。では、自己破産をしてもいいのでしょうか?これに関してももちろんそのようなことはありません。自己破産というのは本来返済するはずの借金や返済を返すことができずに、ギブアップすることになるからです。もし、ギブアップする人が日本で全員してしまったら、大変なことになってしまいますよね。あくまでも自己破産というのは裁判所が決めた最終手段となるわけです。では、自己破産するつもりがないのに、結果的にそうなってしまったケースというのはどのようなものがあるのでしょうか?それが、ここで紹介する住宅ローンの返済不可によることになるのです。
住宅ローンというのは、どうすればできるのでしょうか?ここを先に考えておく必要があります。住宅ローンというのは、金額にするとだいたい1000万円単位になります。つまり、それだけのお金を返済してもらうには、その住宅ローンをする人に返済能力がある、支払い能力がある必要があるのです。そして、それを信用して住宅ローンができる、というわけです。しかし、月々に返済する住宅ローンは、それなりの金額になります。それとあわせて生活費や子どもがいましたら教育費がかかってしまいます。また、会社の倒産やリストラで収入を失ってしまい、住宅ローンの返済ができなくなることも当然あるのです。そして借金をしてしまい自己破産するケースや相談することになるのです。