アイフォンのゲームやアプリの課金し過ぎの借金。自己破産の相談

アイフォンのゲームやアプリの課金し過ぎの借金。自己破産の相談

自己破産する人の主なケースや相談内容

2014/08/25 05:35:25 |

自己破産のことについては今までの内容を読んでいただければ分かりますように、お金に関することであることは間違いありません。なぜなら、お金に関して困っているから、自己破産やその他の債務整理、例えば任意整理や民事再生で行うことになるわけです。そして、その債務整理をする理由は、その人によって金額を含めて違いがあるのです。もちろん、自己破産や債務整理することになったのは、やむを得ない事情もありますし、本来であれば許されない場合もあるのです。いずれの場合にしましても、自己破産やそれに関連する債務整理というのは救済策になります。その救済をうまく利用して、今度こそは借金や債務を抱えないことがとても大切になるのです。では、今までのことを踏まえまして自己破産や相談する人の年代というのは、どのようになっているのでしょうか?
これはある調査の結果によりますと、やはりお金を使う年代になってから自己破産をするケースが必然的に多くなります。日本弁護士連合会と消費者問題対策委員会が取りまとめた、2011年破産事件及び個人再生事件記録調査によりますと、30代から50代の年代が自己破産するケースが多くなっています。このそれぞれの年代が約20%強となっています。そして、20代の自己破産をするケースも実際にあり、これが約6%になっています。60代以降も約22%近く占めています。やはり、働き盛りの世代が自己破産するケースが多くなっています。

2014/08/25 05:34:25 |

あなたが自己破産しようと思っていましたら、借金や債務というのはどのようなものが理由であるのでしょうか?もちろんそれは1つだけとは限らないと思います。複数のことがあって、それが積み重なって借金や債務が増えたのがほとんどだと思われます。しかし、そのような複数のことがあったとしても、借金や債務というのはお金に関わることには間違いありません。ただ、それを作り出したことが人それぞれ違う、というわけです。自己破産と聞きますと個人のこと、というイメージを持たれているかもしれません。しかし、実際にはそのようなことはなく、会社や企業の法人でも自己破産はあるのです。それは、主にどのようなことになるのでしょうか?
それが、この会社の倒産によって発生する自己破産があるのです。そして、会社というのは個人と比べても、借金や債務が大きくなる場合がほとんどです。実際に会社や企業が倒産する情報を、あなたはニュースなどで聞いたことがあるかもしれませんね。それは数億円単位や数十億円単位で聞いてビックリされたこともあるかもしれません。そうなりますと、民事再生では不可能となり、自己破産するしかない、ということにもなるのです。また、中小企業の場合には、社長さん自身が会社のために、従業員のために借金をしている場合があるのです。そして、それでも会社の経営ができなくなって倒産、そして結果的に自己破産するケースというのが実際に起きるのです。

2014/08/25 05:28:25 |

自己破産という言葉を聞いて、あなたが率直に感じるイメージは、いい感じ、悪い感じのどちらになるでしょうか?おそらく、この自己破産という言葉を聞いて、いい感じを持たれる方はいないと思います。もちろん、それで借金や債務がなくなる、ラクになれる、ということで、いい感じを持たれる方もきっといるでしょう。つまり、どちらか一方に感じ方や考え方になる、というよりは、そのときのケースや状況によって変わってくる、ということになるのです。そして、自己破産をするケースや相談というのは、すべてお金に関わることになります。しかし、その原因や要因を作り出したお金に関する困ったことは、それぞれ事情が異なります。やむを得ない事情によることももちろんありますし、そうではないこともあります。そして、後者の場合での自己破産になるケースや相談内容としては、ギャンブルや浪費によることがあるのです。
本来、お金というのは、返済する前提でお金を使うことになります。また、ほとんどの人は収入よりも支出が上回らないようにしています。ところが、それとはある意味反対になる、収入を上回る支出をしてしまう、そして悪意あるケースというのが今回紹介した内容になるのです。これは完全にその人自身の責任になってきます。そのため、このようなギャンブルや浪費に関する自己破産は、できない場合も出てくるのです。そのため、自己破産をする原因や理由などは、状況によってはできないことも頭に入れておく必要があります。

2014/08/25 05:26:25 |

自己破産する人、というのはその人がすべて悪いのでしょうか?これに関しては、そのようなことはありません。では、自己破産をしてもいいのでしょうか?これに関してももちろんそのようなことはありません。自己破産というのは本来返済するはずの借金や返済を返すことができずに、ギブアップすることになるからです。もし、ギブアップする人が日本で全員してしまったら、大変なことになってしまいますよね。あくまでも自己破産というのは裁判所が決めた最終手段となるわけです。では、自己破産するつもりがないのに、結果的にそうなってしまったケースというのはどのようなものがあるのでしょうか?それが、ここで紹介する住宅ローンの返済不可によることになるのです。
住宅ローンというのは、どうすればできるのでしょうか?ここを先に考えておく必要があります。住宅ローンというのは、金額にするとだいたい1000万円単位になります。つまり、それだけのお金を返済してもらうには、その住宅ローンをする人に返済能力がある、支払い能力がある必要があるのです。そして、それを信用して住宅ローンができる、というわけです。しかし、月々に返済する住宅ローンは、それなりの金額になります。それとあわせて生活費や子どもがいましたら教育費がかかってしまいます。また、会社の倒産やリストラで収入を失ってしまい、住宅ローンの返済ができなくなることも当然あるのです。そして借金をしてしまい自己破産するケースや相談することになるのです。

2014/08/25 05:25:25 |

ここからは自己破産のことについて、もう少し詳しく説明をしていきます。もし、あなたがお金に関して困っていることがありましたら、それを作り出した原因は何になるのでしょうか?他にも要因や理由があるかと思います。なぜ、そのような質問をしたのかといいますと、必ず原因となる源流のようなものがあるからです。つまり、そのお金に困ることを作り出した源流のようなものがなかったら、借金や債務に関しても、そして自己破産に関して考えることはない、ということになるわけです。そこでここでは、自己破産をする原因や理由となったことを紹介していきます。まず、最初に紹介するのが借金返済不可による自己破産になります。
自己破産というのは、基本的にはすべてお金に関することになります。本来返さないといけない借金や債務を返せない、ということから滞納が始まることになります。しかし、滞納をしたら当然ですが債権者から督促が来てしまいます。それを少しでも防止するためにはどうすればいいのでしょうか?それは、ローン会社やキャッシング会社などの消費者金融会社からお金を借りて、それを返済に回すしかなくなってしまいます。そして、それを繰り返していくうちに、お金を借りられなくなってしまい、最終的には返済ができなくなってしまう、というわけです。そうなったときにどうしようもなくなってしまい、自己破産をする、またはそれに関する相談などをする、というわけです。

2014/08/25 05:24:25 |

自己破産を含む、手持ちの借金や債務を返済することができなくなる場合、というのはどのようなときになるのでしょうか?これは簡単に書きますと、自分の収入より支出が上回った場合になります。また、月々の借金や債務が返済できなくなってしまった場合でもあります。いずれの場合でも、それらが1回だけではなく、継続的になってしまった場合にどんどんと借金や債務が増えてしまい、結果的に自己破産やその他の債務整理をすることになるのです。逆の見方をしますと、支出よりも収入が大きければ自己破産や債務整理などをすることはなくなる、というわけです。また、月々の借金や債務の返済もずっとできていれば、同様に自己破産や債務整理などをすることはない、というわけですね。では、実際に自己破産やその他の債務整理をする人の収入や仕事の状況というのは、どのようになっているのでしょうか?また、どのようなケースでそのようになるのでしょうか?
自己破産をするケースというのは、ほとんどの大半を占めるのが30代から50代になります。つまり、働き盛りの収入がある人になるのです。しかし、収入があればいいのですが、会社や企業の状況により給料が少なくなった場合、またはリストラなどをされて収入がなくなった場合に、結果として自己破産や債務整理をすることになります。そして、ある調査によりますと自己破産する人の収入というのは、ゼロもしくは10万円前後であるケースがほとんどになります。